頑張らずに成果を出す方法:「エフォートレス思考 」(グレッグ・マキューン)について

読書
この記事のおすすめポイント

① 忙しくて時間がない悩みを解決することができる
② 頑張らずに成果を出す方法について知ることができる
③ エフォートレス思考の3つのステップについて学ぶ事ができる

こんにちはモモキンです。

「エフォートレス思考 」という本を紹介します。

著者はグレッグ・マキューンさんでエッセンシャル思考という本の著者として有名です。

またアドビ、アップル、グーグル、フェイスブック、ピクサー、セールスフォース・ドットコム、シマンテック、ツイッター、VMWare、ヤフーなどの有名企業のコンサルティングも行っています。

この本を読んでモモキンが考える結論は以下2点になります。

モモキンのこの本の結論

①エフォートレス思考とは頑張らずに結果を出すための考え方である
②正しいやり方を身につけることで頑張らなくても成果を出すことができる

この本はエフォートレス思考を身につけて少ない努力で成果を出すことについて解説されています。

出版は2021年で総ページ数は280ページとなっています。

努力や手間をできるだけ減らして成果を出す考え方や方法について解説されています。

  • 日々忙しくて時間がない
  • どうしたら現状を良くできるか?

というような悩みを持っている方に是非おすすめします。

本の概要

プロローグ エフォートレス思考とは

プロローグではエフォートレス思考の概要や目指すところについて解説しています。

AIGの役員であったパトリック・マクギニス氏や自身の体験を例に頑張るだけでは困難であることを述べています。

大事な問題を簡単に解決するための考え方をが本章で述べていくとあります。

エフォートレス思考には以下の3つのステップがあります。

  1. エフォートレスな精神
  2. エフォートレスな行動
  3. エフォートレスなしくみ化

以下の章にて重要なところをまとめていきます。

本書の目的は

「エフォートレスな状態を、もっと頻繁に、もっと確実に体験してもらうこと」

とあります。

PART1 エフォートレスな精神

PART1ではエフォートレスなマインド、物事の捉え方、考え方について具体例を元に解説しています。

エフォートレスな精神は心の有り様だったり、行動する前の指針といえます。

まとめると以下のポイントになります。

( )のところは意識すべきポイントになります。(以下同様)

  • 頑張れば成果が出るとは限らない(ベースになる考え)
  • 「我慢」を「楽しい」に変える(手段を変える)
  • 頭の中の不要品を手放す(不要な情報はなくす)
  • 「休み」で脳をリセットする(休みをとる)
  • 今、この瞬間にフォーカスする(他のことは考えない)

PART2 エフォートレスな行動

PART2では行動する前に考えること、行動するときの取り組み方法について解説しています。

まとめると以下のポイントになります。

  • はじめの一歩を身軽に踏みだす(簡単なことから始める)
  • 手順を限界まで減らす(ムダの削除、簡単な方法へ改善する)
  • よい失敗を積み重ねる(小さな成果を大切にする、失敗は小さいうちにくり返す)
  • 早く進むためにゆっくり進む(無理のないペース、継続可能なペースについて考える)

PART3 エフォートレスなしくみ化

PART3ではしくみ化することで努力を減らすことができることについて述べられています。

そして自動で成果を出せるようにコントロールすることについて解説しています。

まとめると以下のポイントになります。

  • 一生モノの知識を身につける(原理・原則・基本を深く理解して応用できるようにする)
  • いちばんシンプルに伝える(内容をシンプルにする、教えることでレバレッジをかける)
  • 勝手に回る「しくみ」をつくる(タスクを自動化する、考えずに済む判断基準を持つ)
  • 不信のコストを削減する(信頼を築くことが最も重要、信頼を得るためには誠実さが大切)
  • 問題が起こる前に解決する(問題が起きる前に解決、予測、予防する、2回測って確認する)

勉強になったポイント

  • エフォートレス思考はただ頑張らないということではない

単に頑張らなくて上手く行かなければ当然の結果ということになってしまいます。

頑張らずに成功するためには対象のことをよく分かってないと難しいです。

何か新しいアイデアをトライする必要があります。

  • 結果はそのままでやり方を変えることを意識する

問題に直面して時間や手間がかかる場合は一般的に欲しいのは結果だと思います。

よって手段だけを変えて結果はそのままで時間や手間を減らすことが重要だと思いました。

まとめ:やり方を変える意識と勇気を持つ

普段の生活の中でもやることが増えてしまい時間が足りないと思うことがあると思います。

もしくはやりたい事があるけれど時間がなくてする事が難しいといったこともあると思います。

そんな時はエフォートレス思考で今やっていることの方法を見直して時間を空ける意識を持つことが重要だと思いました。

また方法を変えることで時間がかかったり新しい方法で上手できるか心配になりますが勇気を持ってチャレンジする事が重要だと思います。

この記事を書いて感じたこと

① 時間や手間がかかることをエフォートレス思考で考えてみる
② 一回とめる面倒くささや、方法を変える不安に対して勇気を持ってチャレンジする


以上ありがとうございました。

読書
スポンサーリンク
シェアする
モモキンをフォローする
モモキンブログ

コメント